彼方に灯る

他力の中で自力を遊んでみよう

どうしたって生きている

リアル版・遥子の部屋でのお話タイムで以前に遥子さんが紹介していた「自分の死に顔を眺める」というワークの話題になりました。

自分の死に顔を眺めてみよう | 小出遥子オフィシャルサイト

以前に一度試した時はこんな感じでした。

 

先月、祖父が亡くなったこともあり、今もう一度このワークをしたらどう感じるだろう?と思いながらバスに揺られて帰り、早速寝る前に試してみました。

祖父の葬儀を思い出し、自分の死に顔を想像し、なりきって他者の目線で見てみる………

………

………

自分の呼吸を意識してしまいます。

呼吸が浅いとか、苦しいとかではありません。

ただ自分が呼吸をしていることに気が向くのです。

 

気を取り直してまた想像し、眺めてみます。

しばらくすると今度は自分の脈拍に気が向きます。普段なら気づかないのですが……。

 

呼吸も脈拍も自分が生きるための体の働きです。体は生きようとしている。どうしたって「今」「わたしは」生きている。それを改めて実感しました。

 

さて、日を置いて今朝もう一度この「死に顔を長めるワーク」をしてみました。

今朝は「体は器だな」と感じました。「体=いのち」でもなく、「心=いのち」でもない。

体がなくなったらいのちが消えてなくなるわけではないのかもしれない。

それこそ、前の記事のように一本の線香が燃え尽きた時に香炉の灰とひとつになるように。

 

自力で生きてしまう私たちにとって、死は本当に他力へ一切をゆだねられる門出なのかもしれません。日日是好日

 

 

小出遥子さんのツイキャス

ラジオ瞑想は毎朝6時からです。

小出遥子(こいではるこ) (@haruko_koide) 's Live - TwitCasting