彼方に灯る

他力の中で自力を遊んでみよう

ルーティンが軸となる

無事に出張を終えて帰宅しました。

普段滅多に出張のない仕事なので疲れる日もありましたが体調を崩すことがなかったのは幸いでした。

 

宿泊先で毎朝そろーっと起きてイヤフォンをつけてラジオ瞑想にも参加。

眠くて「今日はもう後でYouTube版を聴いてラジオ瞑想しようかな」と迷ったり、十分トークの途中から記憶のない日もありました(笑)。

 

けれども環境が変わったからこそ、ラジオ瞑想という毎朝のルーティンが私の軸となっていることを改めて実感出来ました。

もちろん、これを読んでくださっている方に「だから毎朝必ずラジオ瞑想をしましょう!」とか「眠くても頑張って起きましょう!」というわけではありません。

 

ラジオ瞑想に限った話ではなく、日々のなかで淡々と出来ている習慣を何か大きな変化が起きたときにも淡々と行えば、それ自体が目には見えない軸として安定させてくれるのでしょう。

 

実は引越しも控えており、明後日からはまた新たな環境でラジオ瞑想やTANDENメソッドの実践になります。どうなるかは未知ですがこのルーティンがあれば、TANDENがあるから、きっと大丈夫という気がしています。

 

そんな実は目まぐるしいスケジュールの中、もう余命が少ないであろう身内の面会に病院へ行ってきました。

電車での移動中にラジオ瞑想第一と第二をして、病室へ向かいながらTANDENに意識を向けていました。

 

ベッドで寝たきりになっている身内に会って、会話をして、手をさすって。

私も身内も今ここで大きないのちの営みの中で生きていて、それはゆらぐことのない事実。死を迎えたとしても、形が変わるだけで大きないのちの中にあることに変わりはないんだと。

ただただ、身内のやさしい眼差しや私へ何かを言おうとする小さな声、それらに確かな愛を感じて嬉しくもなりました。

 

生も死もそれぞれ分離したものではなく、「生死」というひとつの流れで、わたしも間違いなくその流れの中にいる。

そう思った時、目の前の身内も私もたとえ物理的な距離で離れてしまっても、この世でのお別れが来ても、いつか悲しみから変化していけると思えました。

 

明日からの新たな環境でのラジオ瞑想やTANDENメソッドがまた軸となりながら変化をもたらしてくれるかもしれません。

落ち着いたらまたブログを更新したいです。日日是好日

 

 

小出遥子さんのツイキャス

ラジオ瞑想は毎朝6時からです。

小出遥子(こいではるこ) (@haruko_koide) 's Live - TwitCasting